エンジニアの年収の上げ方『現役フリーランスエンジニアが解説』

IT企業への転職

最近、SNSやネット上で、エンジニアは稼げると言っている人が多く、目指す人が多くなったと思います。

しかし、

インフルエンサーの人が言っているだけで、実際は無理でしょ、、、

と思っている人も多いと思います。

しかし、結論からいうと、身を置く環境でグッと稼げるようになります

今回は、その理由と方法を説明していきます。

SE(システムエンジニア)の平均年収

まず、日本のSEの平均年収は、厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査(平成29年)によると、全職平均年収が454.5万円に比べて、SEの平均年収は550.8万円となっており、高い水準になっています。

年代別の平均年収だと、

  • 20代前半、339.7万円
  • 20代後半、441.1万円
  • 30代前半、519.1万円
  • 30代後半、539.7万円
  • 40代前半、576.9万円
  • 40代後半、605.5万円
  • 50代前半、622.4万円
  • 50代後半、632.3万円
  • 60代以降は減少

20代前半は、まだ経験がないので、低めの年収です。

しかし、経験を積んで、20代後半では年収がグッと上がります。

30〜50代では、経験と体力のことも考えて、高めの年収になる傾向です。

IT業界はブラックと考えられる!?

年収が平均よりも高くても、エンジニアやIT業界をブラックと考える人も少なくはありません。

その理由として、以下の理由が挙げられます。

  • 労働時間が長い

一番は、労働時間と給料に差があると考えられると思います。

今は、昔よりもだいぶ改善されたところも多いですが、かつては、残業が当たり前な業界でした。

夜中まで、仕事をしている人が多かったです。

  • 多重下請け構造

SESの企業でたまに聞かれる言葉です。

エンジニアとして、外部に駐在する時に、

単価100万出す企業→それを紹介するエージェント→エンジニア

上記のように、仕事を振ってくれる企業から、直接的に仕事をもらえたらいいですが、繋がりがなければ、エージェントや他の営業から仕事を紹介してもらうことが一般的です。

しかし、お金を出してくれるお客さんとエンジニアの間に、何社も営業が挟まれていたら、自分の会社に入る利益は少なくなります。

例1.

単価100万出す企業→それを紹介するエージェント(手数料10万)→所属している会社→エンジニアの給料

例2.

単価100万出す企業→それを紹介するエージェント(手数料10万)→それを紹介するエージェント(手数料10万)→それを紹介するエージェント(手数料10万)→所属している会社→エンジニアの給料

例1と例2のパターンを比べて見れば、一目瞭然です。

例2では、自身に入る給料は少なくなります。

このような構造が多重下請け構造です。

これがあるため、エンジニア はブラックと思われがちと考えられます。

年収を上げる方法

上記のように、給料が少なくなる理由を説明しました。

では、給料を上げるためにはどうしたらいいのでしょうか。

そのための方法は、環境を変えることです。

  • 転職をする

今いる会社で、経験があれば、転職して給料を上げることは難しくありません。

エンジニアは環境によって、給料が左右されます。

経験者であれば、転職すれば、同じ会社で給料を年々上がるのを待つよりも、底上げできます。

また、初めの会社がベンチャーや小さい企業でも、エンジニア は中途で大企業に転職している人もたくさんいます。

  • フリーランスになる

フリーランスはとても技術がないと無理で、自身で営業しないといけないと思っている人も多いかもしれません。

しかし、実際はそんなこともありません。

若いエンジニアでも、案件を紹介してくるエージェントも多くなってきました。

一度登録することもおすすめです。

自身の現状を知ることができます。

フリーランスで給料が上がる理由は単純です。

企業に所属していない分、自分に給料が入ってきます。

単価100万出す企業→それを紹介するエージェント(手数料10万)→エンジニアの給料

上記のような流れになります。

日本はフリーランスがまだ少ないですが、アメリカだと、あと数年で、労働者の半分がフリーランスとも言われています。

挑戦するもいいと思います。

まとめ

エンジニアは技術がもちろんです。

しかし、技術があっても、上手く年収に繋げていない人が多いと思います。

そのため、自分が身を置く環境によって、給料が大きく変わることがエンジニアの世界では多くあります。

一度、自身の現状を見直してみるのいいかもしれません。

未経験でエンジニアになりたい人がいれば、今からがチャンスです。

『2020年11月最新』未経験からIT企業に転職ってできるのか?

私自身、元教員からエンジニアに転職することができました。

これから、進むIT企業に飛び込むことを考えている人がいれば、読んでもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました