エンジニアに向いている人の特徴『現役フリーランスエンジニアが解説』

IT企業への転職

今ではIT化が進み、手に職つけたいと思い、プログラミング を学ぼうと思っている方が多いと思います。

しかも、経済産業省が2016年に発表した、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2015年時点で、17万人が既に不足しており、2030年には約59万のIT人材が不足すると言われています。

今は、情報社会と言われており、IT化が更に加速する中で、エンジニア不足は深刻さを増していきます。

しかし、いざプログラミング を学んでから働いてみて、

思っていたのと違った・・・

と後悔している人も少なくありません。

そんな話も聞いて、

自分にはエンジニアが向いているのか・・・

と感じている方もいるでしょう。

そこで、今回は実際にエンジニアとして働いている僕が感じる、どのような人がエンジニアに向いているのかを紹介したいと思います。

この記事では、どのような人がエンジニアに向いていることかが理解することができます。

エンジニアに向いている人の特徴(1)

  • ITの技術やプログラミングを学ぶことが嫌いではない

やはり、日々進歩しているIT技術を学んでいかないと、なかなかしんどいと思います。

自分がわからないことがあっても、好きで好奇心を持って、取り組む姿勢があれば、伸びていく思います。

特に、未経験として転職や就職する時には、企業はIT業界や技術が好きで、好奇心が高い人を採用したいと考えています。

エンジニアに向いている人の特徴(2)

  • ものづくりが好き

一つの完成品を目指して、コツコツと作ることが好きな人は向いているかもしれません。

自分自身で、悩みながらでも、試行錯誤しながら完成できたことにやりがいを感じることができる人はエンジニアになっても伸びていくと思います。

エンジニアに向いている人の特徴(3)

  • 効率良くするのが好き

プログラミング は、面倒なことを、効率良く行うことができるようにするためにあります。

単純作業があれば、少しでも楽にしたいと思って、自動化したいと思っている人は向いていると思います。

だから、調べながらプログラムを組んだりすることを、初めは手間がかかるけど、この先に楽になるためには惜しまない人はエンジニアに向いていると思います。

エンジニアに向いている人の特徴(4)

  • 調べたり、調査が嫌いではない

プログラミング をいつもしているエンジニアは、自らの知識を使って、何でもすぐ作れると思っている人もいるかもしれません。

しかし、実際働いている中では分からないことが多いです。

だから、常にネットで検索しながら、プログラムを作っていきます。

そして、わからないことを半日の時間をかけて、調べて終える日もあります。

そのため、わからないことに対して、根気よく調べることが大丈夫な人はエンジニアに向いているかもしれません。

一度、プログラミングを体験してみよう

エンジニアに向いている人の特徴を紹介しましたが、今回でさらにエンジニアに興味をもった人は、一度プログラミング がどのようなものかを体験してみるのもいいと思います。

今では、未経験や初心者の人がプログラミング を学ぶための教材はいろいろあります。

一度プログラミング がどのようなものかを体験してみて、今後のキャリアを考えてみたらいいと思います。

そして、この記事がそのきっかけになれば、幸いです。

下記では、とりあえずプログラミング を知りたい方に向けて、おすすめの教材を紹介しています。

おすすめするプログラミング 教材厳選『初心者向け最新版』

下記では、お金を少し多く払って、一気に転職までしたい方に向けて、おすすめのスクールを紹介しています。

フリーランス エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4選

コメント

タイトルとURLをコピーしました