『2021年最新』エンジニアへの転職で抑えておくべき逆質問

IT企業への転職

エンジニアへ転職する時に面接を受けると思いますが、その中で、最後の

「何か質問ありますか?」

と聞かれた時にどのような質問がいいのかを悩んでいる方も多いと思います。

面接での最後の逆質問は、自分の印象を好印象で終えることができる重要な時間です。

ですので、しっかりと対策をして面接に挑むことをおすすめします。

私自身も、教員から面接の対策をしっかりと行って、エンジニアに転職をしました。

そこで、今回は面接で使える逆質問を紹介します。

『2020年最新』20代で教員から転職を成功させる方法

『2020年最新』教員からの転職で成功した体験談

逆質問の役割

  • 自分の意欲をアピールする場面

面接では、面接官からの質問にひたすら答えていくことが主です。

その中で、面接官に対して逆質問の場面は、唯一の自分から言葉を発信する場面です。

そこでは、今までの面接でアピールできなかった部分をアピールできる、最後の時間です。

一方的にアピールするのは、かえって良くないですが、会社が行っていることと自分の良さを交えて話すことで、面接の終わりが良くなります。

  • 企業を詳しく知ることができる

募集要項だけでは、どんなことをしているかはわかりません。

転職サイトでは、自社を大きく打ち出しているところもあります。

そのあたりの差異を埋めるためにも、逆質問は重要なことです。

入社が決まって、入ってから後悔しないようにも、気になるところは聞く方がいいです。

『2020年最新』教員から転職を成功した人がおすすめする転職サイト4選

アピールになる逆質問例

  • 「入社までに、準備しておく知識や学んでおくべきことは何かありますか?」

非常にシンプルですが、向上心があり、自己鍛錬する意欲があることがアピールできます。

入社するまでだけではなく、入社してからでも学んでいく姿勢を見せることが大切です。

  • 「自分と同年代で入社されている方はどのような活躍をしているのでしょうか?」

切磋琢磨して、向上しようという意欲の高さをアピールできます。

  • 「是非、御社に入社したのですが、今の私に足りない部分を教えてください」

かなり、深い質問かもしれませんが、しっかりとフィードバックをもらって、改善しようとする意識が伝わると思います。

  • 「上司の方に意見を伝えやすい環境なのでしょうか?」
  • 「部署以外での関わりは多いのでしょうか?」
  • 「プロジェクトメンバーどのように構成されているのでしょうか?」

上記の質問では、自身のアピールではなく、実際の現場の雰囲気を確認するためのものです。

面接官が言っていたことや説明会で知ったこととは違うとならないためには重要なことです。

逆質問でしてはいけない例

もちろん、逆質問で避けた方がいい質問があります。

  • 質問をしない

やはり、全く質問がなかったら、面接官も意欲がないのかなと感じてしまいます。

思いつかなかったら、上記の例題を参考にしてください。

  • 調べてわかることを質問する

例えば、「企業の理念はなんですか?」と聞いても、面接官の人は、

「HPに書いているはずだけどな・・・」

と感じる可能性もあります。

調べたらわかることを聞くと、しっかりと会社のことを調べてないんだなと思われてしまいます。

ですので、面接を受ける前に会社のHPは目を通すことは大切です。

  • 「フリーランスを考えているのですが、独立した方は今までにいますか?」

前もって、会社を辞めるつもりということがわかってしまいます。

独立するのは自由ですが、面接ではその想いを伝えるのはNGです。

まとめ

面接において、面接官の質問に答える準備をするだけに終わってしまう人が多いと思います。

しっかりと逆質問の準備もすることで、面接の合格率も上がります。

参考にしていただけると幸いです。

『2020年最新』教員から転職を成功できた人が紹介する転職前に読むべきおすすめ本4選

コメント

タイトルとURLをコピーしました