『2021年最新』コロナの影響で転職は無理!?「結論:対策すれば、十分可能」

キャリア設計

2020年はコロナウイルスの影響で、経済が大きく変化し、倒産も失業も多くありました。

その中で、転職を以前から考えていた人は、

今、転職はしない方がいいかな、、、

今は採用されないだろうな、、、

などと不安を感じていると思います。

しかし、このような状態でも、業界によっては採用を積極的に行っているところもあることは事実です。

そこで、今回はコロナ禍でも、転職が成功するポイントを紹介します。

『2020年最新』未経験からIT企業に転職ってできるのか?

求人倍率は低下している

コロナウイルスで、採用に影響を与えたのは事実です。

求人数は、2015年ごろから伸びていき、2019年11月がピークでした。

しかし、2020年7月には、過去5年で最も低い数値です。

採用の計画や方法に見直しをかけている企業は多いと思われます。

転職が成功している人の特徴

求人倍率が低くなっても、転職を成功をしている方は多いです。

今、企業は未経験の人よりも、即戦力の人材を求めています。

そのため、これまでの経歴やスキルを活かして、転職活動を行っている人が希望通りの転職ができていると言えると思います。

例えば、食品会社の営業職だった人が、IT企業の営業職に転職するなどがあります。

前職で、得たこと、活躍した点などを面接の時に答えて、希望している企業が求めていることとマッチさせることが重要です。

自己分析を行う

あまり、これまでの経歴やキャリアを深く考えたことがない方も多いと思います。

だからこそ、この機会に自身のキャリアを振り返ることもいいと思います。

自分がしていきたこと、学んできたことを理解できないと転職の面接も難しいです。

そのため、職務経歴書を書くことをおすすめします。

職務経歴は自身がこれまでのキャリアをわかりやすく、示してくれます。

書く時に、初めは手が止まることが多くなるかもしれませんが、時間をかけてでも仕上げましょう。

ポイントは、経験から自分で語れるストーリーを作ることです。

今までに、苦しい時やしんどい時もあったと思います。

しかし、それらの経験をどのように乗り越えてきたかのプロセスが大事です。

そして、転職した先で難題があっても、乗り越えられる再現性があることを、面接官に伝える必要があります。

転職エージェントに登録する

職務経歴書ができたら、転職エージェントに登録して、見てもらいましょう。

自分にあった企業を紹介してもらえるなど、サポートしてくれます。

そこで、自分では気付けなかったことも気がつけるかもしれません。

『2020年最新』教員から転職を成功した人がおすすめする転職サイト4選

これからは変化に対応できるか

コロナウイルスのようなことは、いつ起きるかわかりません。

だから、何が起こっても対応できる人材や企業が長く活躍できると思います。

そのため、リモートでの仕事に変化するなど、環境に応じた対応ができる企業は採用の面でも、安定して採用計画も行っていると考えられます。

転職しないにしても、これから需要があると考えられるスキルを、学び始めることもいいかもしれません。

『2020年最新』エンジニアになるための勉強方法

まとめ

コロナの影響で、転職ができないということではありません。

自分自身のキャリアを把握して、業界をしっかりと分析すれば、転職できます。

変化が激しい分、柔軟にキャリアを変換できる人がこれから強いと思います。

『2020年最新』教員から転職を成功できた人が紹介する転職前に読むべきおすすめ本4選

コメント

タイトルとURLをコピーしました