『2021年最新』フリーランスエンジニアに向いていない人の特徴

フリーランスエンジニア

こんにちは、naoです。

僕は、教員からエンジニアに転職し、今ではフリーランスエンジニアとして働いています。

そして最近では、フリーランスエンジニア を目指す方が増えていると思います。

しかし、フリーランスエンジニア になりたいけど、

フリーランスエンジニアになりたいけど、向いていないんじゃないかな・・・

と思ってしまいなかなか踏み切れない方も多いと思います。

僕自身も初めは、不安でいっぱいでした。

そこで今回は、フリーランスエンジニア に向いていない人の特徴を解説していきます。

スキルが高くても、フリーランスになると大変になることもあるので、一度確認してみるのがいいと思います。

フリーランスエンジニア に向いていない人の特徴①

  • 楽して稼げると思っている

フリーランスと聞いて、

自由で楽して高収入!!

と思っている方も中にはいるかもしれません。

しかし、フリーランスエンジニア はそんなに甘くありません

ただそれを聞いて、諦めようと思うのは早いです。

IT業界は早いスピードで成長していきます。

そのため、エンジニアはスキルを錆びさせてしまうと仕事はなくなる可能性もあります。

だから、新しいことも学びながら仕事をしなければいけません。

フリーランスエンジニアは楽して高収入を狙えると考えている方は、向いていないかもしれません。

フリーランスエンジニア に向いていない人の特徴②

  • 自己管理ができない

フリーランスエンジニア は働き方などを自分で選べる機会が会社員よりも多いです。

そのため、自分で仕事をする時間を案件によっては決めることもできます。

しかし、だからと言ってクライアントに信頼がなくなるような行動をしてしまうと仕事がなくなります。

フリーランスエンジニア は信頼がありきで仕事があります。

そのため、しっかりと自己管理ができて、信頼が生まれるように仕事ができる必要があります。

フリーランスエンジニア に向いていない人の特徴③

  • 報・連・相が疎かにしやすい

会社員でも当たり前ですが、フリーランスの場合は報・連・相が疎かになると仕事の進退問題にも繋がります。

例えタスクが遅れそうでも、直前ではなく、前もって理由を含めて連絡できるだけでも相手への信頼に繋がります。

メールのレスポンスが遅いなど、相手を待たす時間が多いと仕事を頼んでくれなくなります。

苦手な方は、毎日の進捗を少しでも報告する意識をするところからでも、いいと思います。

フリーランスエンジニア に向いていない人の特徴④

  • コミュニケーションが嫌い

コミュニケーションが苦手な方はしょうがないと思います。

しかし、コミュニケーションを図ることが嫌いで避けている方は、フリーランスエンジニア に向いていないかもしれません。

エンジニアという職業は人と関わることが少ないと思われがちです。

しかし、コミュニケーションを図る場面は多々あります

常駐型の案件では、会議があったり、打ち合わせなど人とコミュニケーションをとる場面は多々あります。

リモートでも、zoomでの会議もあるのでコミュニケーションを撮る場面は多々あります。

フリーランスエンジニア に向いていない人の特徴⑤

  • 考えて行動ができない

フリーランスエンジニア では、自分で考える場面が多々あります。

そのため、自分で考えて行動するのが嫌いな人はフリーランスエンジニアには向いていないと思います。

自分自身の案件をどこから受けるのか。クライアントとこれからの契約はどうするか。

フリーランスエンジニア は自分で考えて行動できることが良さであると思います。

しかし、それが嫌な人は向いていないと思います。

まとめ

フリーランスエンジニア に向いていない特徴を解説しました。

  1. 楽して稼げると思っている
  2. 自己管理ができない
  3. 報・連・相が疎かにしやすい
  4. コミュニケーションが嫌い
  5. 考えて行動ができない

上記の特徴に当てはまっていても一部にすぎません。

適性がないとはまた違います。

再度、フリーランスエンジニア について調べてみるのがいいと思います!

当てはまってなくても、上記の逆を意識していけばフリーランスエンジニア としてやっていけます。

現場でフリーランスエンジニアとして働いている僕が感じた、フリーランスエンジニアに必要なスキルは『フリーランスエンジニアなるために必要なスキル『かなり重要です』』で解説しています。

フリーランスエンジニアになりたいと思った方は、『フリーランスエンジニアになる方法『現役エンジニアが解説』』で方法を解説しているので参考にしてみてください。

おすすめのフリーランスエージェントも『現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』』で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました