『2021年最新』未経験からIT企業に転職ってできるのか?

IT企業への転職

今の職業から、転職がしたい。。。

その中でも、IT業界に興味あるけど、専門職で未経験では無理なんだろうな。。。

と考えている人も多いと思います。

しかし、結論からいうと、未経験からIT企業への転職は可能です。

僕自身も教員を辞めて、エンジニアとして、IT企業へ転職を成功させました。

これから、IT社会が広がり、IT人材は更に需要があります。

「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年には約59万のIT人材が不足すると言われています。

転職するには、今からがチャンスです。

しかし、同じようにIT企業への転職を考えている人は多いので、今しっかりと情報収集をしないと、転職は更に難しくなります。

この記事では、

  • IT企業の仕事の種類
  • 転職するために必要なこと
  • 面接で大事なこと

を知ることができます。

IT企業の種類

IT企業って何をするのかわらない・・・

そもそも、どんな仕事かわからない人も多いと思うので、いくつか紹介していきます。

  • エンジニア、WEBデザイナー

プログラミングって聞いたことがある方はいると思いますが、そのプログラミング をする人が主にこれに当たります。

初めは、むずかしそうで、なかなかやろうとは思わないっていう人もいると思います。

しかし、そのような方が多いから市場価値が高くなります。

しかも今では、プログラミングのスクールだったり、教材もあるので、勉強をできる環境が整っています。

未経験から転職するには、プログラミングを勉強して、基礎を身につけてから転職するのが、一つのパターンです。

しかし、未経験でも採用してくれる企業はありますので、転職エージェントに登録して、探すのもいいです。

『2020年最新』エンジニアになるための勉強方法

  • IT業界の営業職

プログラミングなどの専門的な技術が必要なく、転職が可能です。

前職が営業ならば、面接の時に経験や実績をしっかりと話せれば、転職ができます。

しかも、IT業界はお金の比較的集まる業界なので、給料がアップする方も多いです。

前職が営業ではなくても、未経験での採用をしている企業は、エンジニアよりも多いので、転職しやすいです。

  • マーケティング職

マーケティング職は営業職と同様、エンジニアよりも転職がしやすです。

WEBの中での広告を使って、集客するためにどのような施策をするのか。

また、集客した後に、自社のサービスや商品を買ってもらえるのような施策を考えます。

グラフや、表を使った分析などをした経験やブログを運用して、SEOの対策を自分で経験した人は強みとして活かせます。

市場を理解して、顧客のニーズなどを分析したりするのが好きな人はいいかも知れません。

未経験業界を受ける時の面接

現職が嫌で転職をしようとしても、面接では、ポジティブな理由で転職したいことを伝えないといけません。

そして、他の業界でもやっていけるというポテンシャルを見せないといけません。

  • 現職での経験
  • 自身ができること
  • 経験を活かしてどのようなことをしたいか
  • この業界を選んだ理由

上記の4つを特に意識して、面接を行うと、内定率はグンと上がります。

IT業界に興味があるだけだと、相手には伝わりません。

若い年代はなんでもできる

20代の人たちは特に、転職するチャンスです。

20代での転職ば第二新卒と言って、ポテンシャルでの採用をしている企業が多いです。

20代のうちに転職をして、キャリアを積んでいけば、独立することも多いです。

未経験でエンジニアに転職して、3年経験したのちに、フリーランスとなり、前職の年収の3倍になった人はたくさんいます。

僕自身も、20代前半のうちに転職活動をしたら、転職できました。

2020年最新』教員からの転職で成功した体験談

『2020年最新』20代で教員から転職を成功させる方法

迷っている人はまず、転職エージェントに登録して、今からでも転職できる企業を探すのもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました