フリーランスエンジニアになるためのUdemy講座『最新版』

プログラミング 勉強法

こんにちは、naoです。

僕は、教員からエンジニアに転職しました。

そして、今ではフリーランスエンジニアとして働いています。

そこで今回は、

エンジニアになりたいけど、何を勉強したらいいか分からない。。。

という方におすすめです。

僕自身も、スキルを学ぶためにいろんな教材を調べて、試行錯誤していました。

その中で一番良かったのがUdemy(ユーデミー)という教材です。

Udemyをそもそもご存知でしょうか?

Udemyは、自分が学びたいスキルを動画教材で、学べるオンライン教材です。

プログラミング や動画編集や営業スキルなど、ビジネスシーンで使えるスキルを学べることができます。

僕は今でも現場に入る前に、Udemyで学んでから現場に入るようにしています。

そこで今回は、私がおすすめするWeb開発エンジニアになるための教材を紹介します。

Web制作ではなく、あくまでも開発に特化した教材を紹介します。

そもそもエンジニアにはどんな種類が分からない。。。

という方は下記でエンジニアの種類をまとめた記事があるので参考にしてみてください。

『2021年最新』エンジニアとは?エンジニアの種類11選

おすすめUdemy講座①

こちらのコースは、プログラミング初心者の方がプログラミングを1から学び、ITエンジニアを目指すためののコースです。

結構な量があり、ボリュームがあります。

しかし、プログラミングだけでなく、業務で必ず必要な環境構築なども学べます。

このコースで学べること・・・

  1. HTML5とCSS3を使ってWebサイトのコーディングができるようになる
  2. Bootstrapを使ってレスポンシブ対応のWebサイトのコーディングができるようになる
  3. JavaScriptを使って動的なWebサイトを開発できるようになる
  4. MySQLを使ってデータベースの設定と操作が行えるようになる
  5. RubyとRuby on Railsを使ってWebアプリケーションが構築できるようになる
  6. AWS Cloud9を使ったクラウド統合開発環境を設定して利用できるようになる
  7. Git / GitHubを使ったソースコードのバージョン管理ができるようになる

かなりの量がありますよね・・・

しかし、これさえやればWeb開発の基本的な知識を身に付けることができます。

おすすめUdemy講座②

こちらのコースも、幅広くWEB開発の知識を学びたい方におすすめです。

SQLやAPIなどWEBエンジニアを目指す方におすすめです。

上記のコースとの差異は、使用しているプログラミング 言語があります。

そのため、自分自身が興味ある方を選ぶのがいいと思います。

この教材で学べることは・・・

  1. ウェブサイトやウェブアプリが作れるようになる
  2. HTMLベースのモバイルアプリを作れるようになる
  3. ウェブ開発者としての仕事につける
  4. フリーランスとしてウェブサイト構築プロジェクトを担当できる
  5. オンラインストアを作れるようになる(WooCommerce+WordPress)
  6. フロントエンド開発者になれる
  7. データベースとサーバーサイド言語を扱えるようになる

世界でシリーズ累計30万人もの受講生が学んでいるウェブエンジニア養成コースの最新版「Complete Web Developer 2.0」の日本語版です。

イギリス人のUdemyトップ講師(Rob Percival・ロブパーシバル)によるコースを日本の状況に合わせて日本語で全編収録し直した講座です。

プログラミングやウェブデザインが全くはじめての方でも、ウェブデザインの基礎、サーバーサイドプログラミング、モバイルアプリ開発、APIプログラミングなどを学ぶことができます。

おすすめUdemy講座③

まずは目に見えて動く物を作ってみたい!

という方におすすめです。

データベースとの関わりなどがなく、プログラミング がどんなものかを知りたい方におすすめです。

このコースで学べることは・・・

  1. HTML/CSSを用いたWebページの構築
  2. JavaScriptを利用したプログラミング

HTMLとCSS、JavaScriptの知識は、Webの仕事では必ず必要になっています。

まず、バックエンドから学び始めると続けるのは難しいかもしれないので、こちらの教材から初めてもいいと思います。

おすすめUdemy講座④

こちらはプログラミング を学ぶ訳ではなく、実際に現場で働いた時に絶対必要なことを学ぶことができます。

プログラミング は一人ではなく、チームでコードを書きます。

そして、書いたコードを見てもらったりするためには、管理をしなければいけません。

その管理するためのシステムを「Git」と言います。

このコースで学べること・・・

  1. Gitの根幹をなしている概念の理解 (Gitのデータ構造から仕組みを理解する)
  2. Gitでのチーム開発の方法と一通りのコマンドの修得
  3. 誤った変更を元に戻せる
  4. GitHubを用いたプルリクエスト・レビュー・マージの開発フロー
  5. ブランチの作成とコンフリクトの解消がスムーズにできる

未経験の方でも、プロのチーム開発の現場で必要とされるGitの全てを習得することができます。

まとめ

いくつか紹介しました。

ただ、購入はセール時に買うことをおすすめします。

Udemyは通常2万円弱します。

「高いな〜」と感じると思います。

ただ、Udemyは定期的にセールをしています。

教材一つが80%〜90%OFFで買うことができます。

その時に買うことをおすすめします。

もう言語を決めている!

という方は以下でいくつか紹介しています。

Javaのおすすめ講座を知りたい方は下記で紹介しています。

『2021年最新』元教員フリーランエンジニアがおすすめするUdemyのJava講座

JavaScriptのおすすめ講座を知りたい方は下記で紹介しています。

2021年最新』元教員フリーランスエンジニアがおすすめするUdemyのJavaScript講座

PHPのおすすめ講座を知りたい方は下記で紹介しています。

『2021年最新』元教員フリーランスエンジニアがおすすめするUdemyのPHP講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました