30代未経験からエンジニアに転職できるのか!?『結論:可能です』

IT企業への転職

私自身は、20代の時に教員からエンジニアに転職しました。

そして、最近はさらにエンジニアに転職しようとしている人が多くなってきていると思います。

その中で最近、元職場の先生からある質問をされました。

30歳から、プログラミングを勉強して、転職しようとするのは遅くない?

教員をしていても、プログラミングに興味をもつ人が増えたんだなと感じました。

結論からいうと、30代でもエンジニアとして転職できます。

そこで、今回は30歳からエンジニアに転職するための、ロードマップを紹介します。

30代未経験からエンジニアに転職する方法

  • 学習ソフトを使う

エンジニアとして、必要なことはプログラミングです。

そして、今ではいろいろな学習ソフトがネットではありふれています。

まず、それらの学習ソフトを使って、プログラミングを始めましょう。

おすすめの教材は下記で詳しく説明しています。

おすすめプログラミング 教材『現役フリーランスエンジニアが解説』

  • スクールに通う

仕事をしている中で、プログラミングの勉強は簡単ではありません。

その中で、働きながらプログラミングを学べるスクールは数多くあります。

お金はかかりますが、わからないことを聞けるメンターさんがいることで、スムーズに学習を進めることができます。

一人で勉強すると挫折率が高くなる傾向です。

そのため、スクールを活用することもおすすめします。

おすすめのプログラミングスクールはこちらです。

  • ポートフォリオを作成する

今では、ポートフォリオなどの成果物は必須と言っても、過言ではありません。

成果物を見せることで、自身の力、やる気、熱意を伝えることができます。

そこで、ただ作るのではなく、なぜその成果物を作ったのかをしっかりと説明できるようにする必要があります、

スクールでは、最後にポートフォリオを作るのが一般的ですが、同じものを作っている人が多いです。

そこで差別化を図るために、自身で機能を追加したりすることも大切です。

  • 面接対策

面接対策を疎かにする方が多いかも知れません。

エンジニアは技術だけあればいいってわけではありません。

働く相手は人間です。

一緒に働きたいと思ってもらわないといけません。

これまでの経歴や、自分自身の強みを把握し、企業の求めることを分析して、面接に向いましょう。

『2020年最新』エンジニアへの転職で抑えておくべき逆質問

転職エージェントを活用する

プログラミングの学習と同時並行で、転職エージェントに登録することもおすすめします。

職務経歴書の添削や面談対策も行ってくれます。

また、自身のあった企業の紹介もしてくれます。

転職エージェントは転職するためには、必須です。

30代からも、エンジニアへの転職は可能です。

正しいやり方をすれば、転職できます。

今回の記事を参考にしてくだされば、幸いです。

20代よりも、30代でエンジニア転職が難しい理由

やはり、20代よりもエンジニアに転職する難しさはあります。

それは、どの業界でも同じですが、即戦力を求められる点です。

20代の間は、ポテンシャル面で採用されるケースもありますが、30代は20代の方をサポートできる面も必要です。

そのため、面接の際には、これまでの経歴から、エンジニアでも活躍できることを伝えないといけません。

エンジニアに転職するメリット

30代での転職が難しいと言っても、エンジニアに転職することでメリットはもちろんあります。

  • 市場価値が上がりやすい

エンジニア職は技術職です。

そのため、技術があれば、あるほど価値が上がります。

そして、給料として反映されやすいです。

  • 他業界よりも、選択肢が広い

IT業界は、今でもIT人材の不足が問題視されています。

そして、これからもIT人材の不足が深刻化することを懸念されています。

経済産業省が2016年に発表した、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2015年時点で、17万人が既に不足しており、2030年には約59万のIT人材が不足すると言われています。

『2020年最新』エンジニアはこれから、不足していくのか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました