Engineer-Route(エンジニアルート)の評判『最新版』

フリーランスエンジニア

私は、教員からエンジニアに転職して、フリーランスエンジニアになりました。

フリーランスエンジニアになる時は、いろんなエージェントを調べて、お世話になりました。

そこで、今回はフリーランスエンジニアのエージェント会社である、Engineer-Routeのメリット、デメリットをまとめました。

参考にしてみてください。

Engineer-Routeの評判は?

Engineer-Routeは、ITに特化したフリーランスのエンジニア/デザイナー専門の案件紹介サイトです。

他エージェントとは違い、カウンセラーとユーザー(企業)側の担当を分けず、一気通貫で担当してくれます。

また、業界12年以上の実績があり、60%のフリーランスが7ヶ月以上の案件に参画しており、安定した働き方をしている方が

多いです。そして、直接のユーザーや大手企業も多いため、高単価も可能です。

Engineer-Routeのメリット①

  • エンジニアへのサポートが柔軟

会社の規模がすごく大きい訳ではないため、エンジニア一人一人に対して丁寧なカウンセリングがあり、エンジニアの希望を多く取り入れてくれます。

フレックスがいい

開発環境のツールの希望

通勤時間について

上記のような希望にそった案件を紹介してくれます。

Engineer-Routeのメリット②

  • 直接のユーザーや大手企業も多いため、高単価

Engineer-Routeは、他社に比べて高単価な案件が豊富です。

その理由は、クライアントとエンジニアの間に他の会社を挟まず、単価の中抜きが無いため、エンジニアの手元に多くお金が残ります。また、大手の企業がクライアントととして、多いため安心して働くことはできます。

Engineer-Routeのデメリット①

  • 実務経験が少ない方にはおすすめできない

Engineer-Routeは、高単価の案件が豊富なため、ある程度のスキルは求めれます。

そのため、実務経験があまりない方には難しいかもしれません。

まだ、経歴が浅い方におすすめのエージェントはこちらで紹介しています。

Engineer-Routeのデメリット②

  • 案件の数は大手に比べて少ない

先ほども説明しましたが、案件数は大手に比べて少ないです。

そのため、エンジニアとカウンセリングや希望に合うことを時間かけてヒヤリングしてくれるので、テンポの速さを重要視している方は、「レバテックフリーランス」や「【Pe-BANK】」がおすすめです。

下記では、詳しく解説しています。

レバテックフリーランスの評判って!?『現役エンジニアが解説』

Pe-BANKの評判って!?『現役フリーランスエンジニアが解説』

まとめ

  • メリット「経験があり、高単価、希望にあった案件を目指す方」

経験がある程度ある方は、Engineer-Routeをおすすめします。

直請け案件が多いので、マージンも低くなり、手元に多くのお金が残ります。

  • デメリット「経験が少なく、案件決定までのスピード差を重視する方」

経験が浅い方にとっては、案件が見つからないと思います。

そのため、経歴が浅くても可能なフリーランスエージェントを探すことをおすすめします。

また、エンジニアとカウンセリングや希望に合うことを時間かけてヒヤリングしてくれるので、テンポの速さを重要視している方は、他のエージェント会社をおすすめします。

今回は、Engineer-Routeについて、解説しました。

参考にしてくださると嬉しいです。

その他のエージェント会社が気になる方は、下記で紹介しています。

現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』

コメント

タイトルとURLをコピーしました