JavaSilverを未経験から3ヶ月で合格する方法『最新版』

プログラミング 勉強法

プログラミング を勉強し始めて、何か自身の勉強の結果を示すものとして、資格取得を目指す人が多いと思います。

しかし、資格を取るにもどのような勉強が効率的か分からず、だらだら勉強を進めてしまい、取れずに終わってしまうパターンもよくあります。

効率よく、短期間でJavaSilverを取る方法はないのだろうか・・・

と悩んでいる方に向けて、今回は解説していきたいと思います。

3ヶ月間集中でJavaSilverをとった僕の経験を交えて、短期間でJavaSilverを取る勉強方法を話したいと思います。

今回は資格を取ることが目的なので、実際に開発のスキルを学ぶには手を動かして、学ぶことが大切です。

下記では、実際に僕も使った、おすすめするJavaのUdemy講座を紹介しています。

現役フリーランスエンジニアがおすすめするUdemyのJava講座

勉強前のスペック

progateを少し触ったことがある程度の未経験者です。

しかも、今はエンジニア として働いていますが、当時はまだ教員時代の時です。

なので、能力は0と言ってもいでしょう。

勉強期間

開始日:2019年7月

試験日:2019年9月28日

約3ヶ月で、全くの未経験から合格することができました。

参考書

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集

→黒本とよく言われるものです。(ぶっちゃけ、これのみです。)

徹底攻略Java SE 8 Silver「1Z0-808」対応問題集 試験番号1Z0-808 [ 志賀澄人 ]
価格:3520円(税込、送料無料) (2020/10/16時点)楽天で購入

スッキリわかるJava入門

→Javaの概念が全く分からないところからなので、一番はじめに一通り、目を通しました。

スッキリわかるJava入門第3版 [ 中山清喬 ]
価格:2860円(税込、送料無料) (2020/10/16時点)楽天で購入

勉強時間

・平日:出勤前に30分、帰宅後1時間半

・休日:土曜日、日曜日に4時間ずつ

章末問題を解く時間に2時間半〜3時間程かかりますので、休みの日に行うことをおすすめします。

合計で、200時間〜220時間です。

勉強方法

黒本を繰り返し行うのみです。

実際の試験では、結構黒本で出てきた内容がよく出てくるので、何度も繰り返して、あの時やったなと思えるようになりましょう。

・1ヶ月目

スッキリわかるJavaを2周、繰り返しましょう。

初めの1周目は本当に分からないと思うので、分からないところで、ずっと立ち止らず、読み進めてください。

黒本を解く時に見直したりするので、その時に理解できます。

・2ヶ月目(第1週〜第2週)

黒本を一度、一通り解き進めていきましょう。

ここで、ほとんど正解しなくてもいいです。僕も、初めの週末問題は2割とかでした。。。

しかし、間違ったところは、しっかりと解説を読み込んでください。

この時に、他の選択肢がなぜ違うかもしっかりと読んでおくことが大切です。

答えを覚えるのではなく、消去法ができる理由をしっかりと理解することが大切です。

・2ヶ月目(第3週〜第4週)

2週間で、黒本を1周を終わらすペースで、解いては解説を見て、分からないところは、スッキリわかるJavaで理解することをひたすら繰り返しです。

この間で、間違った問題にはチェックを入れて、繰り返し行いましょう。

あっている問題は次の週に飛ばして、問題を解く回転数をあげましょう。

この時点で黒本を2周行ったことになります。

・3ヶ月目(第1週〜第2週)

1週間で、黒本を1周を終わらすペースで、黒本をひたすら解き進めましょう。

ここでは、前の週にあっていた問題は飛ばして、間違った問題をひたすら解いていきましょう。

・3ヶ月目(第3週〜第4週)

残りの2週間で、章末を中心に解き進めて、間違ったところを潰していきましょう。

合計黒本を6周行ったことになります。

結果

得点率70%で合格しました。

ボーダーライン65%なので、とても余裕ではありませんが合格なので、オッケーです。

大変かもしれないですが、3ヶ月という期間で一気にやり遂げてしまいましょう!

JavaGoldの勉強方法は下記で紹介しています。参考にしてみてください。

『2021年最新』JavaGoldを未経験から4ヶ月で合格する方法

手を動かして学びたい方には、下記でおすすめのプログラミング スクールを紹介しています。

フリーランス エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4選

コメント

タイトルとURLをコピーしました