Midworksの評判は!?未経験は可能!?『2021年最新』

フリーランスエンジニア

私は、教員からエンジニアに転職して、フリーランスエンジニアになりました。

フリーランスエンジニアになる時は、いろんなエージェントを調べて、お世話になりました。

フリーランス未経験の方は、エージェントに登録した方が安全です。

営業も自身でする必要もなくなります。

そこで、今回はフリーランスエンジニアのエージェント会社である、「【midworks】」を使った感想や、評判をまとめました。参考にしてみて下さい。

Midworksの評判は?

【midworks】は、フリーランスと正社員の良いとこ取りをした働き方を実現する手厚い保証が特徴であるエージェント会社です。

フリーランスエンジニアになろうと思うけど、不安だ。。。

という方におすすめです。

20代の方も多く登録しており、フリーランス未経験の若い方に人気のエージェント会社です。

しかし、残念ながら未経験の方への案件紹介はできないみたいです・・・

Midworksのメリット①

  • 給与保障制度(審査あり)

フリーランスは、正社員よりも給料が高くても、病気などで休んだら給料はなくなります。

しかし、【midworks】では、審査がありますが、万が一仕事が途切れてしまった際のための給与保障制度があります。

給与保障制度を適用されている方は、仕事が見つからなかったら際にも月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。

審査があるので、無料カウンセリングの時に詳しく問い合わせてみてください。

Midworksのメリット②

  • 手厚い保障内容で正社員並みの安心感

フリーランスは不安定で、保障も何もなくて不安だと感じている方も多いはずです。

しかし、【midworks】は、その不安を解消してくれます。

例えば、フリーランス向けの損害賠償や健康診断優待の「フリーランス協会」、「税務保障」、「保険補助」、交通費や書籍代を支援する「経費補助」など、様々な保障が付いています。

Midworksのメリット③

  • 還元率80%超え以上

【midworks】は、これだけの保障が充実しているのにも関わらず、還元率が80%以上を実現しています。

また、案件の発注単価も公開されているので、透明性があり、安心して仕事を受けることができます。

Midworksのデメリット①

  • リモート案件が少なく、常駐案件が多い

【midworks】は、客先で開発をする現場が多いです。

フリーランスになって、リモートで好きな場所で働きたいという方は、あまりおすすめできません。

フリーランスという働き方だけど、正社員と働き方は変わらないので、その働き方が好まない方は、おすすめできません。

リモートで働きたい方は別のエージェントの方がいいかもしれません。

Midworksのデメリット②

  • 首都圏での案件が多い

【midworks】は、首都圏での案件が多いです。

関東首都圏に住んでいる方は、案件がなくて困ることは少ないかもしれません。

しかし、関西などの地方在住の方には、【midworks】はおすすめできません。

地方での案件が豊富なエージェント会社は、「【Pe-BANK】」です。

【Pe-BANK】についてはこちらで詳しくまとめています。

まとめ

  • フリーランスだけど、保障を受けたい方

初めてのフリーランスで、安定が失うことが怖いという方におすすめです。

正社員並の保障や、給与保障(審査あり)があるので、安心してフリーランスになれます。

  • 首都圏に住んでいる方

案件は、首都圏での駐在が主になので、首都圏に住んでいる方にはおすすめです。

今回は、【midworks】について、まとめました。

若くて、安心してフリーランスになりたい方にはおすすめです。

私自身も、丁寧なサポートで安心しています。

参考にしてくださると嬉しいです。

その他のエージェント会社が気になる方は、下記で紹介しています。

現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』

コメント

タイトルとURLをコピーしました