『フリーランスエンジニアの案件・求人は?』Pe-BANKの評判

フリーランスエンジニア

初めてフリーランスエンジニアとして働くには、エージェントに登録した方が安全です。

営業も自身でする必要もなくなります。

そこで、今回はフリーランスエンジニアのエージェント会社である、「【Pe-BANK】」を使った感想や、評判をまとめました。参考にしてみて下さい。

Pe-BANKの評判は?

【Pe-BANK】というのは、フリーランスエンジニア向けサービスでも30年以上という歴史が長い、老舗のエージェントです。

登録者の年齢僧が比較的高く、安定感があるサポートが特徴です。

また、地方での案件が豊富で、都心の方が多いエージェント会社の中で、地方でフリーランス エンジニア を目指す方におすすめのエージェントです。

Pe-BANKのメリット①

  • 確定申告サポート

フリーランスになると、税金などは自分自身で行わないといけません。

初めての方は、不安もたくさんあると思います。

そこで、【Pe-BANK】は確定申告のサポートをしてくれます。

確定申告の事前説明会や税務相談など、スムーズに事務処理ができるようなサポートが充実しています。

Pe-BANKのメリット②

  • 教育サポート

エンジニアは、常に学び続けることが必須です。

そこで、【Pe-BANK】では、対象の資格やセミナーにかかった費用を補助してくれる制度があります。

ORACLEの試験は高額なので、補助があったら安心して受けることができますね。

ORACLEのJavaSilverを3ヶ月で取得する方法はこちらです。

ORACLEのJavaGoldを4ヶ月で取得する方法はこちらです。

Pe-BANKのメリット③

  • 福利厚生の充実

フリーランスは、身体が資本です。

病気や怪我で働けなかったら、収入はゼロになってしまいます。

しかし、【Pe-BANK】では、安心の共済制度があります。

年齢とコースによって、月々2500円〜12850円の幅で、生命共済やガン共済を受けることができます。

また、年に一回、定期健康診断サポートも受けることができます。

Pe-BANKのデメリット①

  • マージン率が決まっている

マージン率を公開していて、最大で12%と低いマージン率です。

働けば働くほど、マージン率が下がっていくことも魅力的です。

しかし、マージンが低めで固定されていることがメリットととして、捉えることはできますが、低くして欲しいと思っても交渉はできません。

マージンを柔軟に変化できない点はデメリットと捉えることになるかもしれません。

Pe-BANKのデメリット②

  • リモートが少ない

フリーランスエンジニアは好きなところで働けると考えている方も多いと思います。

しかし、【Pe-BANK】では常駐で働く案件が主にです。

リモートで働きたい方は別のエージェントの方がいいかもしれません。

その他のエージェント会社はこちらです。

Pe-BANKのデメリット③

  • 未経験OKの案件はない

【Pe-BANK】は単価が高くて魅力的ですが、未経験の方に向けての案件はありません。

そのため、実務経験は積んでから登録することをおすすめします。

転職して、半年、1年程度経験してからがおすすめです。

プログラミング独学の方法についてはこちらです。

Pe-BANKがおすすめの人は?

  • 地方在住の方

やはり、【Pe-BANK】をおすすめするのは地方に住んでいる方です。

フリーランスの案件は都内が多い中で、地方に住んでいる方には嬉しいですね。

  • 少し経験がある方

未経験の方は難しいですが、経験がある方にはおすすめです。

現状に満足いってない方は、【Pe-BANK】から仕事をもらって、年収が倍になることは簡単です。

まとめ

今回は、【Pe-BANK】について、まとめました。

フリーランスエンジニアになりたい方は参考にしてみて下さい。

その他のエージェント会社が気になる方は、下記で紹介しています。

現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』

コメント

タイトルとURLをコピーしました