Tech Stockの評判ってどうなの?『現役エンジニアが解説』

フリーランスエンジニア

私は、教員からエンジニアに転職して、フリーランスエンジニアになりました。

フリーランスエンジニアになる時は、いろんなエージェントを調べて、お世話になりました。

そこで、今回はフリーランスエンジニアのエージェント会社である、「Tech Stock」(旧:High-Performer)の評判やメリット、デメリットをまとめました。

参考にしてみてください。

Tech Stockって!?

Tech Stockは、ITコンサル企業として16年目の信頼と実績があるINTLOOPが運営するフリーランスのITエンジニア向けのIT案件紹介サイトです。

Tech Stockのメリット①

  • 長期的な高単価の案件が中心で、平均80万円以上/月。

Tech Stockの一番の魅力は、高単価の案件が多いことです。

でも、今はコロナの影響で高いお金をもらっても、継続的に働けなかったら不安。。。

と思っている方も多いと思います。

しかし、Tech Stockは高単価の案件が長期であることです。

フリーランスはいつ案件が途切れるか不安だという方は、Tech Stockをおすすめします。

Tech Stockのメリット②

  • 直請け案件が93%!

Tech Stockは、上場企業のクライアントが多く、直接発注される案件が豊富です。

案件の契約間に2.3社と間に挟むと、エンジニアの手元に残るお金は少なくなります。

しかし、Tech Stockは契約の間に2.3社と間に挟むことがないので、エンジニアのマージンが低くなります。

そのため、手元に残るお金は多いです!

Tech Stockのメリット③

  • 独立後のサポートもある

フリーランスの案件を紹介するだけの会社が多い中、Tech Stockはフリーランスエンジニアの方に、税理士や社労士の方を紹介してくれます。

そのため、初めてのフリーランスも安心してなれます。

Tech Stockのデメリット①

  • 案件数は少なめ

高単価の案件が主にですが、母数は少なめです。

2020/12/22現在で、4868件の案件があります。

それと比較して、業界大手の「レバテックフリーランス」は、2020/12/22現在で13267件の案件があります。

2.5倍以上の差があります。

そのため、いろいろな案件を探したい方にはおすすめできません。

Tech Stockのデメリット②

  • 首都圏が主な現場

案件が、首都圏近郊が多いため、関西圏や地方の方にとっては使いにくいです。

そのため、首都圏近郊にお住まいではない方には、「レバテックフリーランス」や「【Pe-BANK】」がおすすめです。

下記では、詳しく解説しています。

レバテックフリーランスの評判って!?『現役エンジニアが解説』

Pe-BANKの評判って!?『現役フリーランスエンジニアが解説』

Tech Stockのデメリット3

  • 実務経験が少ない方にはおすすめできない

Tech Stockは、高単価の案件が豊富なため、ある程度のスキルは求めれます。

そのため、実務経験があまりない方には難しいかもしれません。

まだ、経歴が浅い方におすすめのエージェントはこちらで紹介しています。

まとめ

  • メリット「経験があり、高単価を目指す方」

経験がある程度ある方は、Tech Stockをおすすめします。

直請け案件が多いので、マージンも低くなり、手元に多くのお金が残ります。

  • デメリット「経験が少なく、首都圏以外にお住まいの方」

経験が浅い方にとっては、案件が見つからないと思います。

そのため、経歴が浅くても可能なフリーランスエージェントを探すことをおすすめします。

また、案件が首都圏近郊が多いため、地方や関西圏に住んでいる方は、「レバテックフリーランス」や「【Pe-BANK】」がおすすめです。

今回は、Tech Stockについて、解説しました。

参考にしてくださると嬉しいです。

他のフリーランス エージェントについては下記で紹介しています。

現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』

コメント

タイトルとURLをコピーしました