エンジニアを挫折する人の特徴まとめ『挫折しない方法も解説』

IT企業への転職

こんにちは。naoです。

最近、SNS上でエンジニアを目指すために、情報発信している人が多くなってきていると思います。

毎日の積み上げ報告やフリーランスエンジニアとのやりとりを通じて、学んでいると思います。

しかし、

自分では、エンジニアは向いていない・・・

こんなの一生理解できない・・・

と言って挫折してしまう人も多いです。

そこで、今回はエンジニアを挫折する人の特徴を解説します。

この記事では、

  • エンジニアを挫折する人の特徴
  • 挫折しない勉強方法

上記を知ることができます。

この記事を書いている僕は、教員時代に独学でJavaの学習をして、エンジニアに転職しました。

その後、Javaのフリーランスエンジニアとして独立して、今でも働いています。

それでは、解説します。

エンジニアを挫折する人の特徴

エンジニアを挫折する人の特徴は・・・

  • 書籍だけで勉強してしまう
  • 全て一人でしようとする
  • いろんな言語に手を出す
  • 完璧主義

上記の特徴がある人は比較的、挫折しやすいです。

では、一つずつ解説していきます。

  • 書籍だけで勉強してしまう

プログラミングを勉強するのに、参考書をひたすら読み漁り、インプットばかりしてしまう人がいます。

その勉強方法だと挫折しやすいです。

プログラミングはコードを書いてこそ、学びになります。

インプットだけでは、プログラミングは上達しません。

  • 全て一人でしようとする

とにかく一人でやろうとする人は挫折しやすいです。

理由として、初めは順調に進んでいても、エラーとかが解決できなくなると、そのままやめてしまうからです。

しかし、周りに聞ける人がいると全く違います。

自分では、解決できなかったことができるようになり、技術はどんどん上がります。

全て一人でやり切ろうとせず、周りに頼れる環境を作ることが大切です。

  • いろんな言語に手を出す

とにかく興味ある言語を手当たり次第やることを繰り返す人は危険です。

あれもこれもしてしまうと、全然身につきません。

初めの言語選びでは、構わないと思いますが、学習中に難しいから別の言語をすることはやめましょう。

プログラミングはすぐに身に付けれるものではないので、継続が大事です。

  • 完璧主義

完璧に理解しようとする人は挫折しがちです。

プログラミング技術は日々進化しています。

そのため、全てを理解するのはほぼ不可能だと言っていいでしょう。

でも、なぜエンジニアとして働ける人がいるかと言うと、なんとなくは理解して、足らないところは都度調べているからです。

学校の試験ではないので、開発現場では覚えているコードでしか書けないことはないです。

したい処理があったら、似ている処理を他で探したり、ネットで調べて進めていきます。

そのため、完璧にプログラミングを学習する必要はないのに、完璧主義で挫折してしまう人が多いです。

挫折しない勉強方法

上記では、挫折する特徴を解説しました。

では、下記からは挫折しない勉強方法を解説します。

一番大事なのは、完璧を捨てて、アウトプット中心の学習方法です。

  • Progate
  • Udemy
  • CRUD処理の簡単なアプリ作成

上記の流れが挫折しにくい勉強方法です。

僕もこの方法で、教員からフリーランスエンジニアになりました。

僕がフリーランスエンジニアになるまでにしたことは、『教員からフリーランスエンジニアになった方法『全て解説します』』で解説しているので、参考にしてみてください。

  • Progate

ここでは、プログラミングとはどんな感じなのかを何となくで良いので、感じておきましょう。

初めは、いろんな言語があってわからないと思います。

僕自身は、Javaからプログラミングの学習を始めました。

なぜ、Javaかというと、オブジェクト指向と呼ばれるプログラミングにおいて大事な概念を学ぶことができるからです。

その概念を知っていれば、他の言語の習得も早いです。

フリーランスエンジニアになりたくて、プログラミングを始めるという方は、フリーランスエンジニアにおすすめの言語『現役エンジニアが解説』でおすすめの言語を解説してます。

  • Udemy

次にUdemyという教材を使って学習しました。

Udemyは、自分が学びたいスキルを動画教材で、学べるオンライン教材です。

プログラミング や動画編集や営業スキルなど、ビジネスシーンで使えるスキルを学ぶことができます。

僕は今でも現場に入る前に、Udemyで学んでから現場に入るようにしています。

Udemyでは、Progateとは違って、プログラムを作るための環境構築も解説しています。

ちなみに僕がやった教材は・・・

上記の教材を使って学習しました。

初めて、するときは本当にわからないことが多いです。

なので、初めは教材をやり切ることを目標にすることがいいです。

現役フリーランスエンジニアがおすすめするUdemyのJava講座

  • CRUD処理の簡単なアプリ作成

ここまできたら、とにかく動く物を作ることが大事です。

とにかく手を動かしましょう。

まず、CRUD処理とはデータを操作する際に必要な最低限の機能です。

・登録機能(Create)
・参照機能(Read)
・変更機能(Update)
・削除機能(Delete)

の4つをまとめた表現が「CRUD(クラッド)」です。

Webアプリの基本なので、この辺りをまず理解することが大事です。

僕がした事は、ネットで「Spring CRUD処理」と検索し、そこではいろんな方々がSpringを使ったCRUD処理のソースコードを公開しています。

それらを参考にして、とにかくコードを書きました。

その後、こんな処理をしたいなと思ったら、ネットで調べて書くという繰り返しです。

初めはUdemyで完成したアプリに機能を追加するところから始めるのもいいでしょう。

Udemyのおすすめプログラミング講座『現役エンジニアが解説』

メンターや繋がりを作ることが一番大切

一人でやることもいいですが、わからないことが解決できない時に挫折しやすいです。

ですので、現役のエンジニアの方にメンターをしてもらったり、エンジニアのコミュニティに入るのもいいと思います。

お金もそんなにかからないので、お金があまりかけれない方にもおすすめです。

最近では、Twitterからエンジニの方と繋がることも可能です。

実際、僕もTwitterで知り合った方にフリーランスエンジニアになるためのコンサルをしてもらって、フリーランスエンジニアになりました。

このように、わからないことをすぐに聞ける環境を作ることも大切です。

初めから独学は厳しい・・・

と言う方には、プログラミングスクールもありだと思います。

GEEK JOBだと、無料のプログラミング 講座もついて、最短就職22日というスピード転職コースもあり、就職支援もしてくれます。

また、お金を払ってもいいと言う方には、未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Proなどでは、就職保証のスクールもあるので、かなり便利です。

まとめ

今回はエンジニアを挫折する人の特徴を解説しました。

エンジニアを挫折する人の特徴は・・・

  • 書籍だけで勉強してしまう
  • 全て一人でしようとする
  • いろんな言語に手を出す
  • 完璧主義

挫折しない勉強方法で、一番大事なのは、完璧を捨てて、アウトプット中心の学習方法です。

おすすめの学習方法は・・・

  • Progate
  • Udemy
  • CRUD処理の簡単なアプリ作成

上記のようなアウトプット中心の学習がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました