フリーランスエンジニアになるための必要な年数は?『2021年最新』

フリーランスエンジニア

こんにちは、naoです。

今回は、

フリーランスエンジニア になるために経験年数はどれくらい必要なんだろう?

と思っている方に解説します。

結論からいうと、一年あれば十分フリーランスエンジニアになれます。

しかし、

一年と言っても、必要最低限のスキルはもっとかないといけないでしょう・・・

と感じている方もいるでしょう。

そこで、今回は経験一年でどんなスキルがあればフリーランスエンジニア になれるかを解説していきます。

この記事を書いている僕は、教員時代に独学でJavaの学習をして、エンジニアに転職しました。その後、Javaのフリーランスエンジニアとして独立して、今でも働いています。

それでは、解説していきます。

必要なスキル

  • 管理ツールを使える(知っている)

まずをこれを聞いて。「プログラミング じゃないの?」と感じた方もいるかもしれません。

そもそも開発はチームですることがほとんどです。

そして、いろいろな方が書いたコードをみたり、自分が書いたコードをレビューしてもらったりする機会があります。

そのコードを管理する、バージョン管理ツールがあります。GitやSVNなどです。

これはプログラミング よりも大事だと言っても過言ではありません。

知っていないとチーム開発ができません。

知らない人や今まで使ったことがない人は、独学でも学べるので、業務後学んでみるのがいいと思います。

スムーズに現場に入れます。

  • 質問力がある

質問力とは!?となっている方もいるかもしれませんが、すごく大事です。

正直プログラミングがどこまでできたら、フリーランスエンジニア になれる明確な判断はできません。

実際、フリーランスエンジニアだから質問できないわけではありません。

僕自身も現場でフリーランスエンジニアとして参画していますが、普通に周りのエンジニアに聞いています。

なぜかというと、現場によって規約ややり方が違います。

そのため、分からないことはいつでも出てきますし、何でもできる人の方が少ないです。

しかも、どんどん新しい技術が出るので、その度に学ぶことが必要になってきます。

そのようなことが普通なので、分からないことは人に聞くことが一番いいのです。

しかし、そこで大事なのが質問力です。

例えばこの質問の仕方はどうでしょう?

ここでエラーになったんですがどうしたらいいのでしょうか?

これをもし自分自身に質問されたら答えれることができますか?

大体の方が分からないと思います。

しかし、この質問の仕方はどうでしょう?

この機能の追加をしていたら、ここでエラーになりました。

ここの部分が原因だと思って、このように直したのですが、変わりません。

他に原因があるのでしょうか?

さっきと雰囲気が変わりましたよね。

質問で大事なのは、

  1. どこで
  2. どんな
  3. 何を試したのか
  4. 何を知りたいのか

そんなに伝えないといけなの・・・

と思った方も多いと思います。

僕自身も思っていました。

しかし、質問するということは、相手の時間を奪ってしまっているということです。

そのため、聞きたいことを明確にすることが大切です。

しかし、質問する時にリモートだと文面でどのような伝え方がいいか分からないですよね?

そのため、初めてのフリーランスエンジニア になる時は常駐案件をおすすめします。

質問する時にすぐ聞けるので、明らかに伸び率や進度がいいです。

その他に常駐案件の良さは下記で解説しています。

『2021年最新』初めてのフリーランス エンジニアは常駐がいい?

まとめ

今回は、フリーランスエンジニア になるために必要な年数と最低限必要なスキルを解説しました。

必要なスキルは・・・

  • 管理ツールを使える(知っている)
  • 質問力がある

これで、フリーランスエンジニア になろうと決めたけど、どうやってなればいいか分からない方はフリーランスエンジニアになる方法『現役エンジニアが解説』の記事で解説しています。

フリーランスエンジニア には絶対なれるので頑張ってください!

おすすめのエージェントは現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』で紹介していますので、参考にしてみてください。

未経験の方でエンジニアを目指している方は、未経験からエンジニアになる方法をエンジニアになるための勉強法『現役フリーランスエンジニアが解説』で解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました