フリーランスエンジニアの単価相場って?『単価の上げ方も解説』

フリーランスエンジニア

こんにちは。naoです。

今回は、

フリーランスエンジニアの単価ってどのくらいだろう?

プログラミングの言語ごとにどれくらい差があるんだろう?

そのような方に解説します。

この記事では、

  1. フリーランスエンジニアのプログラミング言語ごとの平均単価
  2. フリーランスエンジニアの単価の上げ方
  3. フリーランスエンジニアの案件を獲得する方法

上記のことを知ることができます。

この記事を書いている僕は、教員時代に独学でJavaの学習をして、エンジニアに転職しました。その後、Javaのフリーランスエンジニアとして独立して、今でも働いています。

僕がおすすめする、エンジニアになるための方法は、エンジニアになるための勉強法『現役フリーランスエンジニアが解説』で解説しています。

それでは、解説します。

フリーランスエンジニアの平均単価

言語単価(月)
Java70万円
PHP72万円
Python77万円
Ruby80万円
JavaScript72万円
C#69万円
Go言語82万円
Swift82万円
C言語68万円
COBOL61万円

参考:レバテックフリーランス

1ヶ月の平均単価をまとめました。

経験年数やスキルによっては変動はしますが、参考にしてみてください。

ちなみに言語ごとの経験年数の目安だけでいうと、下記のようなイメージです。

  • Java経験年数1〜2年で単価46万
  • Java経験年数2〜3年で単価56万
  • Java経験年数3〜5年で単価65万

  • PHP経験年数1〜2年で単価52万
  • PHP経験年数2〜3年で単価61万
  • PHP経験年数3〜5年で単価70万

  • Python経験年数1〜2年で単価53万
  • Python経験年数2〜3年で単価62万
  • Python経験年数3〜5年で単価70万

言語によって左右されるので、その辺りはしっかり把握するのも大切かなと思います。

フリーランスエンジニアの単価の上げ方

では、フリーランスエンジニアになってもどうやって単価をあげたら良いの?

その質問にお答えします。

実際、経験年数があれば、単価が絶対上がるわけではありません。

年数はあくまでも目安です。

単価を上げるためにもコツが必要です

その方法を解説します。

  • 信頼を高める

フリーランスエンジニアは信頼で成り立っています。

会社員と違って、信頼されないと仕事をお願いしようとはなりません。

そのために、

  • 報・連・相の徹底
  • 要望に的確に応える
  • 納期を守る

上記のことが非常に大切です。

  • スキルを高める

エンジニアは技術職です。

そのため、スキルがないと仕事はありません。

  • 日々学ぶ
  • 勉強会などに積極的に参加

自己鍛錬に勤しむことで単価を最短で上げましょう。

Udemyのおすすめプログラミング講座『現役エンジニアが解説』では、僕も今でも愛用しているUdemyの講座を紹介しています。

Udemyとは、スキルアップを図るための動画教材です。

僕もスキルを上げるために愛用しています。

  • 案件の継続をお願いされた時に交渉する

今いる現場で、契約の継続をされた時はチャンスかもしれません。

継続をお願いされるときは、信頼があるからされると言えるでしょう。

そのため、継続の話があった時には単価の交渉をしてみるのもいいでしょう。

フリーランスで案件を獲得する方法

これからフリーランスエンジニアになろうと考えている方もいるかもしれません。

でもどうやって案件を獲得すればいいのだろう・・・

そんな方にお答えします。

  • 結論:エージェントを利用する

初めてのフリーランスエンジニアになるためにはエージェントを利用することをおすすめします。

その理由は単純で、営業を自分でしなくても済みます

自分のスキルシートを提出すると、自分にあった案件を紹介してくれます。

そこに登録すると、

  1. 個人情報登録
  2. 簡単なエージェントと面談
  3. スキルシート提出
  4. 案件を紹介してもらう
  5. 気に入った案件の面談を受ける
  6. 参画決定

上記の流れで案件を獲得できます。

エージェントを活用することで、エンジニアの仕事に集中できます。

フリーランスエンジニアで案件獲得するには?『現役フリーランスが解説』では、さらにフリーランスエンジニアの案件を獲得する方法を解説しています。

参考にしていただけると嬉しいです。

フリーランスエンジニアにおすすめの言語『現役エンジニアが解説』では、フリーランスエンジニアになるのにおすすめの言語を解説しています。

おすすめするエージェントは、現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』で解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました