プログラミングで挫折しそうな時にすべきこと『挫折率が下がります』

プログラミング 勉強法

こんにちは。

naoです。

プログラミングを始めたけど、わからないことが多くて、挫折しそう・・・

できると思っていたけど、私にはやっぱり無理だ・・・

そんな方に解説します。

結論から言うと、挫折しそうな時にするべきことは、一人で勉強し、完璧にやろうとしないことです。

その具体的な方法を解説します。

この記事を書いている僕は、教員時代に独学でJavaの学習をして、エンジニアに転職しました。

その後、Javaのフリーランスエンジニアとして独立して、今でも働いています。

それでは、解説します。

プログラミングで挫折する人の特徴

プログラミングを始める人が、昨今多くなっていると思います。

しかし、始めたものの、辞めた人も多いです。

その人の特徴は・・・

  • 書籍だけで勉強してしまう
  • 全て一人でしようとする
  • いろんな言語に手を出す
  • 完璧主義

上記の特徴がよくあります。

この特徴に当てはまってしまっている・・・

と思った人も安心してください

適切な方法に軌道修正すれば、改善されます。

僕自身も、上記の特徴に当てはまっていました。

しかし、今では、フリーランスエンジニアとして働くことができています。

挫折する人の特徴の具体的な解説は、エンジニアを挫折する人の特徴まとめで解説しているので、参考にしてみてください。

プログラミングで挫折しそうな時にすべきこと

ずばり、プログラミングで挫折しそうな時にすべきことは以下のことです。

  • 完璧にやろうとすることを止める
  • メンターや繋がりを作る

プログラミングで挫折しそうな時にすべきこと①(完璧にやろうとすることを止める

全てを暗記することをやめましょう。

これを聞いて、

覚えていなかったら、コード書けないんじゃないの?

と思う方もいると思います。

でも、大丈夫です。

プログラミングは、自分が作りたいものを設計し、必要な物を調べながら書くのが基本です。

以前、下記のツイートをしました。

実際の現場でも、プログラミングをする時に、他の人のコードや調べて出てきたコードを流用するのが当たり前です。

だから、学習を進めていて、その時わからなくても飛ばして進めていくのが大事です。

進めていくと、以前わからなかったものが急にわかるようになります。

わからないことや覚えていないことは、調べながら進めたらいいのです。

プログラミングで挫折しそうな時にすべきこと②(メンターや繋がりを作る

一人で、黙々するのは初めはできていても、わからないことが多くなると、気持ちが落ちてしまいやめてしまいます。

そのため、誰かに聞ける環境を作ることが大切です。

わからないことが出ていて、自分で調べても分からないこともあります。

そんな時に、他のエンジニアの方に聞くと、すぐにわかることが多々あります。

では、そのような環境を作るために、

  • メンターのサービスを使う
  • エンジニアのコミュニティに入る
  • オンラインスクールに入る

上記の方法があります。

  • メンターのサービスを使う

最近では、プログラミングのサポートをしてくれるメンターのサービスがあります。

SNSから知り合って、お願いするサービスです。

現役のエンジニアの方がメンターしてくれることも多いので、おすすめです。

  • エンジニアのコミュニティに入る

最近、増えてるオンラインサロンです。

僕も所属していました。

エンジニアのオンラインサロンでは、定期的に勉強会があったり、zoomでみんなで集まって、ひたすら作業するもくもく会など、いろいろあります。

みんなで、助け合いながら学んでいこうというスタイルが多いため、一人でやるよりも協力してできるので、挫折率も下がります。

  • オンラインスクールに入る

正直、お金があるなら、スクールもおすすめします。

理由は・・・

  • お金を払っているので、やり切ろうという気持ちが生まれる
  • 聞ける人がいる
  • カリキュラムが用意されている
  • 就職支援もある

やはり、スクールはお金を払っている以上、環境は整っています。

目先のお金は無くなりますが、長い目で見ると、エンジニアと稼げるとリターンがすぐ見込めます。

しかし、スクールも様々なので、吟味する必要があります。

例えば、GEEK JOBだと、無料のプログラミング 講座もついて、最短就職22日というスピード転職コースもあり、就職支援もしてくれます。

また、さらにお金を払ってもいいと言う方は、未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Proでは、就職保証のスクールもあるので、かなり便利です。

他のおすすめのスクールは、『フリーランス エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4選』で解説しています。

まとめ

今回は、プログラミングで挫折しそうな時にすべきことを解説しました。

挫折しそうな時にするべきことは、一人で勉強し、完璧にやろうとしないことです。

  • 完璧にやろうとすることを止める
  • メンターや繋がりを作る

上記のことをすることで、挫折率も下げることができます。

プログラミングは挫折率が高い分、乗り越えるとスキルが付きます。

今後はIT人材がかなり必要なので、需要も高まります。

この記事を参考にしてくださると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました