教員から転職して後悔は?『元教員エンジニアが現状を解説』

教員から転職成功させる方法

教員を辞めようか迷っている・・・

教員から転職しようと思っているけど、後悔するかも

・・・

そんな悩みを持っている方に解説します。

この記事を書いている僕は・・・

教員時代に独学でJavaの学習をして、エンジニアに転職

その後、Javaのフリーランスエンジニアとして独立

僕自身も、教員をやめる時にかなり悩みました。

周りからも、

「公務員なのに、もったいない!」

「せっかく試験も受けて、なれたのに・・・」

そんなことばかり、言われたました。

しかし、教員をやめて後悔は全くしていません!

そこで今回は、教員をやめてよかったことを解説します。

  • リクナビNEXT
    リクナビNEXTだけの限定求人が約85%あり、他のサービスとの併用もオススメできます。
  • マイナビエージェント
    転職なら求人情報豊富な人材紹介サービスのご利用を!専任のキャリアコンサルタントと話をすることで初めて気付く自分の価値がここにあります!

教員をやめてよかったこと

  • 有給をいつでも取れる
  • 人間関係のストレスが減った
  • 拘束時間が減った
  • 残業代は全て出る
  • 経験が収入に直結できる

ざっとこのくらいはあります。

一つずつ解説します。

  • 有給をいつでも取れる
  • 教員は、普段も学校があるので、有給も好きに取れません。

    そのため、夏休みなどの子供達が休みの時に休みになります。

    周りからは、「夏休みが長くて良いなー」とは言われるけど、どこか出かけるのも人が多いし、旅行も高いです・・・

    だから、転職して、旅行が安い時に休みが取れて、楽しく過ごせています。

  • 人間関係のストレスが減った
  • 教員は、おそらく他の職業よりも多くの人と関わっているでしょう。

    子供、教員間、保護者、様々な方とコミュニケーションを取らないといけません。

    子供や保護者の顔色伺って、仕事するのが本当にしんどかったです。

    しかし、転職して、関わる人が減って、顔色伺わないで心地よく働けています。

  • 拘束時間が減った
  • 教員の長時間労働は有名です。

    他の職業も残業が多くて、長時間働くことも多いと思います。

    しかし、教員は朝もかなり早いです。

    毎朝、7時過ぎには学校にいき、21時ごろまで残ることも多々あります。

    しかし、転職後は、定時に退社でき、自分の時間を有意義に使うことができています。

  • 残業代は全て出る
  • 教員は、法律で残業代がない分、少し多めに給料が上乗せされています。

    ただ、残業時間があまりにも多いため、割りに合っていません。

    しかし、転職後の残業代は、全額支給されるため、残業してもしっかりお金で返ってくるので、うれしかったです。

  • 経験が収入に直結できる
  • 教員は年功序列のため、年齢を重ねれば収入が増えます。

    そのため、自身の結果やスキルがあっても、それが直接収入には結びつきません。

    しかし、民間企業では、成果を出せば給料が高くなることが多いです。

    また、僕の場合はエンジニア職なので、転職後約1年で独立すると、収入は倍に上がりました。

    このように、成果や経験で収入が上がるのは、転職してよかったなと感じました。

    >>僕がフリーランスエンジニアになるまでにしたことは、『教員からフリーランスエンジニアになった方法『全て解説します』』で解説しているので、参考にしてみてください。

    教員からの転職は、早めにすべき

    他の職業でも同様ですが、年齢が高くなるにつれて、転職難易度が上がるのは当たり前です。

    理由として・・・

    • 即戦力を求められる
    • 教育コストをかけにくい

    やはり、年齢を重ねると過去の経験を生かして、同業種での転職でしか可能性は高くなりません。

    また、教育コストをかけるならば、先が長い若手を取りたいと思うのは、みなさん理解できるでしょう。

    そのため、未経験の分野に挑戦したい方は、20代、30代前半までには転職活動すべきです

    「教員から転職はもったいない!」

    と周りから言われたりするけど、僕は教員をやめて後悔は全くしていません!

    転職を考えている方は、参考にしていただけると幸いです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました