教員の転職時期は年度末だけ?『結論:年度末以外でも可能です』

教員から転職成功させる方法

こんにちは。naoです。

教員から転職を考えているけど・・・

教員から転職したいけど、一番ベストな時期っていつなんだろう・・・

担任を持っているから、年度末しか転職できないのかな・・・

と悩んでいる方に向けて解説します。

結論から言うと、教員からの転職時期は、年度末ではなくても転職できます

法律でも決まっていません。

しかし、周りの方の負担を極力抑えつつ、転職しやすい時期はあります。

そこで今回は、教員が転職しやすい時期を解説します。

  • マイナビジョブ20’s
    20代、第二新卒におすすめのエージェント
  • IT求人ナビ未経験                                       未経験からIT業界を目指したい方におすすめ

この記事を書いている僕は、大学卒業後、教員を2年間してからSES企業に転職して、今ではフリーランスエンジニアとして働いてます。

教員からフリーランスエンジニアになった方法『全て解説します』では、教員からフリーランスになるまでにしたことを全て解説しています。

それでは、いきましょう。

教員が転職しやすい時期

教員が転職しやすい時期は下記の通りです。

  • 一学期末
  • 二学期末
  • 年度末

一つずつ解説します。

  • 一学期末

やはり、一学期が終わり、子供たちが夏休みに入るタイミングは転職しやすいでしょう。

夏休みの期間中に新たな人員も確保できます。

退職を伝えるのは、6月ごろに言うとスムーズな退職ができるでしょう。

  • 二学期末

二学期末だと、夏休み程の休みはないですが、冬休み期間中に人材確保ができるので、退職は可能です。

しかし、夏休みよりかは時間がないので、11月には確実に退職することを伝えましょう。

  • 年度末

一番ベストな時期は、やはり年度末です。

僕も年度末に教員を退職して、4月から転職先の企業で働き始めました。

退職を伝えたのは、来年度の人事異動希望書の時です。

他の学校に転勤したいなどの、来年度の人事の希望を伝えるアンケートが12月にあるので、その際に退職を伝えました。

退職まで、時間があったのでスムーズに退職の日を迎えることができました。

転職活動は、現職中に

転職活動は、教員を終えてから一気にやる!

と考えている方も中にはいるかもしれません。

しかし、おすすめしません

理由は、シンプルに収入がないからです。

収入がない中で転職活動をすると、初めは意気込んでいても、上手くいかなくなると、気持ちが下がります。

そうなると、とりあえず働きたいと思って、焦って企業を決めてしまう可能性があります

結果、行きたくない企業に働きに行くことになります。

だから、教員のままコツコツ転職活動をしましょう。

僕も、放課後、転職フェスに行ったり、面接に行っていました。

>>『2021年最新』教員から転職を成功した人がおすすめする転職サイト4選

まずは、転職エージェントに登録

転職活動を何から始めれば良いかわからない・・・

そんな方は、とりあえず転職エージェントに登録することをお勧めします。

簡単な経歴を入力することで、転職可能な業界等を調べることができます。

また、エージェントに登録することで・・・

  • 面談対策
  • 履歴書の添削など

エージェントから上記のサポートを受けることができるので、学校現場しかわからない教員からすると、企業分析がどのようなものかを知ることができます。

  • マイナビジョブ20’s
    20代、第二新卒におすすめのエージェント
  • IT求人ナビ未経験                                       未経験からIT業界を目指したい方におすすめ

>>履歴書で、教員の経歴の書き方に悩んでいる方は、『教員が転職する時に活かせる強み6選『元教員エンジニアが解説』』を参考にしてみてください。

まとめ

教員が転職しやすい時期は・・・

  • 一学期末
  • 二学期末
  • 年度末(一番ベスト)

上記の通りです。

また、転職活動は現職中に行うことを強くお勧めします。

教員は、他業界に転職できないと言われますが、しっかりと対策することで十分可能です。

僕自身も教員からエンジニアに転職でき、今ではフリーランスエンジニアとして、働いています。

転職を考えている方は、今すぐ行動することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました