教員は早期退職してもいいのか?『結論:早めに退職する方がいいです』

教員から転職成功させる方法

こんにちは。naoです。

今、教員として働いている方は、かつて教員を夢見て働いてみたものの・・・

  • 保護者対応
  • 長時間労働
  • 部活動
  • いじめ

等で、教員を早期退職しようか考えている人もいると思います。

でも、頭に思い浮かぶのは・・・

せっかくの公務員だしな・・・

家族もいるから働かないとな・・・

と感じてしまう人も多いでしょう。

しかし、結論からいうと早期退職するのは全く問題ないです。

「嫌だな〜」と思いながら、一年とりあえず働こうと思い、そして、また一年とずるずる年数が過ぎていくのがほとんどの人でしょう。

しかし、それの繰り返しで定年まで行くことが幸せなのでしょうか?

そこで今回は、教員の早期退職を考えている方に向けて、同じ教員から転職した僕の考えをまとめました。

この記事を書いている僕も、大学卒業後、教員を2年間してからエンジニアに転職して、今ではフリーランスエンジニアとして働いてます。

僕の転職するまでのことは、『実体験』教員生活2年から転職で成功した体験談で解説しています。

それでは、いきましょう。

  • マイナビエージェント
    賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!
  • マイナビジョブ20’s
    未経験の分野に挑戦する第二新卒の方におすすめです。

教員を早期退職できない理由

夢だった教員を辞めたいと思っても、辞める勇気がなかなか出ない人も多いでしょう。

そのように考えてしまう理由は、いろいろあると思います。

  • 公務員だからもったいない
  • 家族がいるからやめられない
  • 他の仕事なんて考えられない

上記の理由が主に多いと思います。

  • 公務員だからもったいない

やはり、一番多い理由はこれかもしれません。

一生懸命、勉強して教員採用試験に合格したのに、早期退職するなんてもったいないと思ってしまうでしょう。

しかも周りに、

公務員だから一生安泰だね!

と言われると辞めにくいと思います。

僕も初めはそう思っていました。

公務員だからこその悩みでしょう。

  • 家族がいるからやめられない

子供も小学生になったりして、お金がかかる40、50代の方はどうしても辞めることを拒んでしまう方も多いでしょう。

自分は嫌々行っているけど、家族がいるからどうしても辞められない・・・

そんな風に思っている方は多いでしょう。

とりあえず、もう一年働こうか。

と思って、ずるずる年数が経ってしまうでしょう。

  • 他の仕事なんて考えられない

教員を目指していた方は、自分は教員になると思って、勉強してきたと思います。

だから、教員以外の道も考えたこともないでしょう。

しかも、学校は社会とも離れていて、社会のトレンドにも鈍感になってしまいます。

そのため、自分は教員しかないと思って、辞められない人が多いでしょう。

教員は辞めたいと思ったら、その時に動くべき

そんな簡単にいうな!

と思われかもしれないですが、僕が思うのは、

毎年、嫌々働いて、それの繰り返しで定年まで行くことが幸せなのか?

ということです。

いくら、現場に文句や不満があっても、自分の環境を変えないと何の変化もないです。

結局は、元の日常に戻ってしまいます。

でも、人生は一回きりです。

一回の人生を嫌々働いて終わるのか、自分がやりたいことをやるのかと言われると、どうでしょうか?

今、家族がいてできないと思っている方も多いでしょうけど、他のことを気にしていると、死ぬ時に後悔してしまいます。

僕は、結婚していますが、婚約中に教員を辞めて転職し、フリーランスに挑戦しました。

でも、今では好きなことをして働くことができています。

正直、やるかやらないかです。

働く場所は、いくらでもある

自分には教員しかない・・・

と思っている方が多いと思います。

しかし、全くそんなことないです

僕は、全く関係ないエンジニアに転職しました。

だから、教員しかできないというのは思いこみでしかないです。

>>教員からの転職方法は、『教員から転職はできないは、嘘。「転職する方法も解説します」』で詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました