未経験からフリーランスエンジニアの案件に入る方法『最新版まとめ』

フリーランスエンジニア

こんにちは。naoです。

今回は、

フリーランスエンジニアになってお金を稼ぎたいけど、未経験からはどうしたらいいんだろう・・・

と悩んでいる方に向けて解説しようと思います。

この記事を読むと、

  • 未経験からフリーランスエンジニアの案件に入る方法
  • プログラミングの勉強方法
  • おすすめするフリーランスエンジニアエージェント

上記のことを知ることができます。

この記事を書いている僕は、教員からエンジニアに転職して、一年ほどでフリーランスエンジニアとして独立しました。

では、解説していきます。

未経験からフリーランスエンジニアの案件に入る方法

未経験からフリーランスエンジニアになるために一番のネックは実務経験がないことです。

フリーランスはクライアントさんからの信頼があってこそなので、実務経験がなかったらこの人は本当に大丈夫なのかと思われてしまいます。

みなさん考えてみたらわかると思いますが、

やる気は人一倍ありますが、手術したことはありません。

やる気はあるんでやらしてください!!

と言われて頼めるでしょうか?

不安でしょうがないですよね。

だから、フリーランスエンジニアになるためには実務経験をつけることが大切です。

そのための方法を下記からまとめていきます。

まずはプログラミング を学ぶ

最初はまずプログラミング を学びましょう。

プログラミング の学習で大切な事は暗記をしようとしない事です。

実際の現場でも、全ての文法を覚えている人はまずいません。

なので、どのようなことをするのかをなんとなくでいいので把握することが大切です。

エンジニアになるための勉強法『現役フリーランスエンジニアが解説』』では詳しくプログラミングの勉強方法をまとめています。

お金をかけて一気に学びたい方は、未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Proがおすすめです。

プログラミング を学ぶだけでなく、就職の保障もあるスクールです。

就職とプログラミング の学習がセットなのはかなり嬉しいですよね。

スクールはお金はかかりますが、わからないことをすぐに聞けるメンターがそばにいるので、挫折率も低いです。

他におすすめのスクールは下記で紹介しています。

フリーランス エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4選

学んだら転職した方がいい

フリーランスエンジニアになりたいのに就職しないといけないのか・・・

と感じる方もいるかもしれません。

しかし、フリーランスエンジニアになるために大事なことはスキルよりも、エンジニアの世界はどうやって仕事を回していくかを把握することです。

いくらスキルを学んでも使い方がわからないと使えません。

現場での立ち回り方を知ることが大切です。

しかし、

会社に所属すると上司の関係づくりもしないといけないから嫌だな・・・

と感じている方もいるかもしれません。

そのような方には、派遣エンジニアをおすすめします。

派遣エンジニアとは、字の通り派遣のエンジニアとして現場で働くことです。

派遣エンジニアは未経験でも参画できる案件もありますし、正社員よりも収入が多くなることもあります。

そして、会社に所属していないので、上司との関係作りも不要です。

フリーランスエンジニアになるための経歴作りと考えたら、かなりコスパがいいと思います。

さらに詳しく派遣エンジニアについて知りたい方は『派遣エンジニアはいいのか!?『現役エンジニアがメリット解説』』でさらに解説しています。

IT企業への転職を考えている方は、IT企業へ転職するのにおすすめのエージェント3選『超厳選』で厳選したおすすめのエージェントを紹介しています。

フリーランスエンジニアのエージェントに登録する

実務経験を最低でも半年は経験することをおすすめします。

それくらい経験したら、フリーランスエンジニアのエージェントに登録しましょう。

エージェントに登録すると、自分のスキルを伝えるとそれに合った案件を紹介してくれます。

詳しい流れは『フリーランスエンジニアになる方法『現役エンジニアが解説』』で解説しています。

おすすめのエージェントは『現役エンジニアがおすすめフリーランスエージェント13選『最新版』』でまとめています。参考にしてみてください。

また、フリーランスエンジニアにおすすめの言語は、『フリーランスエンジニアにおすすめの言語『現役エンジニアが解説』』で紹介しているので、参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました