SES企業を1年で転職するメリット『元SESエンジニアが解説』

IT企業への転職

SES企業に入社して1年が経つけど、転職するか迷っている・・・

1年で転職していいのかな・・・

そんな悩みを持っている方に解説します。

結論、SES企業から1年で転職するのは、全く問題ないです。

そこで、今回は、SES企業から1年で転職するメリットを解説します。

この記事を書いている僕は・・・

教員時代に独学でJavaの学習をして、SES企業に転職

その後、Javaのフリーランスエンジニアとして独立

僕がフリーランスエンジニアになるまでにしたことは、『教員からフリーランスエンジニアになった方法『全て解説します』』で解説しているので、参考にしてみてください。

それでは、解説します。

SES企業を1年で転職するメリット

では、SES企業を1年で転職するメリットを解説します。

実務経験があるので、大幅な年収アップの可能性がある

エンジニアは、未経験と経験者で大きく変わります。

未経験では、年収も最低賃金レベルかもしれませんが、経験者枠で転職すると大きく上がる可能性があります。

僕の知り合いでも、一年程度の実務経験を積んでから転職することで、100万近く年収が上がった方もいます。

このように、経験者という枠になるだけで年収アップは期待できます。

さらに高度な技術を触れれる可能性がある

未経験で入った企業では、どうしてもできる業務に制限があります。

なかなかレベルの高い業務を振られることは少ないです。

そのため、さらに規模が大きい案件や高度な技術に触れるためには、経験者として転職することで、可能性を高めることができます。

企業分析を怠らない

とにかく転職すればいいんだ!

と思って、転職すると、痛い目を見る可能性もあります。

入った企業がブラック気質で、疲弊することもあります。

そのため、しっかりと企業分析をして挑むことが大切です。

お勧めする転職の流れは下記で解説しているので、参考にしてみてください。

>>エンジニアの転職の流れを解説『最短で成功する方法を解説します』

フリーランスも選択肢の1つ

転職にこだわらない人なら、フリーランスもありかもしれません。

フリーランスと言っても、好きな場所で働くわけではなく、客先常駐型と変わらない働き方です。

若い方は、そのほうがお勧めです。

理由として・・・

  • すぐに質問できる
  • 周りの人の仕事の姿勢が知れる

僕も1年程度でフリーランスエンジニアになりましたが、常駐型で案件に参画していました。

これまでと働き方が変わらないですが、年収は倍近く上がりました。

経験が一年以上ある方は、フリーランスもありかもしれません。

フリーランスになるための流れは、下記で解説しているので、参考にしてみてください。

>>フリーランスエンジニアになるための準備『現役フリーランスが解説』

コメント

タイトルとURLをコピーしました