Webエンジニアの将来ってどうなの?『現役エンジニアが解説』

IT企業への転職

こんにちは。naoです。

今回は、

Webエンジニアを目指そうと思っているけど、将来性はあるのか・・・

プログラミング も結局はノーコード時代がくるから、需要は下がるんじゃないか・・・

と悩んでいる方に向けて解説します。

結論から言うと、「需要は高まるばかりです

その理由は、

  • 人材不足が深刻化
  • あらゆる生活面がWebベースになる
  • 一番儲かっている業界である

今、一番熱いと言っても過言ではないです。

下記でさらに具体的に解説していきます。

この記事を書いている僕は、教員時代に独学でJavaの学習をして、エンジニアに転職しました。その後、Javaのフリーランスエンジニアとして独立して、今でも働いています。

今から、エンジニアを目指す方に参考になれば嬉しいです。

『2021年最新』教員からの転職で成功した体験談

それでは、解説します。

人材不足が深刻化

経済産業省が2016年に発表した、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2015年時点で、17万人が既に不足しており、2030年には約59万のIT人材が不足すると言われています。

今は、情報社会と言われており、IT化が更に加速する中で、エンジニア不足は深刻さを増していきます。

また、コロナがあったとしても、これからIT化が進むことは確実で、アメリカや中国に比べると、日本はまだまだIT化に対応できていない部分が多いです。

そのため、Webエンジニアを必要とされていることは確かです。

あらゆる生活面がWebベースになる

今、あらゆる家電が、スマホで操作ができるようになってきてます。

そして、今後もさらにIoTやAIとつながり、Webサービスが広がっていきます。

また、経済産業省の「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」では、2025年に企業内の基幹システムも新しいWeb技術ベースへ置き換えられていくと言われています。

このように、私たちの生活中でWebサービスは斬っても切り離せない存在です。

一番儲かっている業界である

世界最大級統計データベースStatistaの調査から、2020年の時価総額で世界最大の100社の中で上位10社の半分以上がIT企業です。

このように、業界全体でお金が潤っていることがわかります。

出典:https://www.statista.com/statistics/263264/top-companies-in-the-world-by-market-capitalization/

おすすめのWeb系プログラミング 言語

Webエンジニアの将来はわかったけど、いざ勉強する時にどんな言語がいいのだろう?

と考えている方もいるかもしれません。

そこで、おすすめのWeb系プログラミング 言語を3つ紹介します。

Webプログラミング 言語で人気なのは・・・

  • Ruby
  • PHP
  • JavaScript

この辺りが人気でかつ未経験から学びやすいと言われている言語です。

また、Web系フリーランスエンジニアを目指す方にもおすすめです。

その理由は、これらの言語は比較的リモートワークがしやすい言語でもあります。

下記では、上記の言語を学ぶためのおすすめの教材を紹介しています。

Udemyのおすすめプログラミング講座『現役エンジニアが解説』

フリーランスエンジニアがおすすめするUdemyのPHP講座

現役エンジニアおすすめするUdemyのJavaScript講座

Webエンジニアになるための勉強方法

言語が決まれば、勉強を始めましょう。

プログラミング の勉強で一番大事なことはコツコツ継続することです。

プログラミング は暗記するものではなく、コードを書きまくって、慣れることしかありません。

その中でも、CRUD処理を理解することが大切です。

CRUD処理とは、データを操作する際に必要な最低限の機能です。

・登録機能(Create)
・参照機能(Read)
・変更機能(Update)
・削除機能(Delete)

の4つをまとめた表現が「CRUD(クラッド)」です。

Webアプリの基本なので、この辺りをまず理解することが大事です。

プログラミング 言語の文法だけでなく、プログラムの全体を理解することも重要です。

基礎学習は動画教材やスクールで学ぶことがおすすめです。

ここで時間をかけずに、3~6ヶ月で根つめてやるのがおすすめです。

下記ではおすすめの教材を紹介しています。

おすすめするプログラミング 教材厳選『初心者向け最新版』

フリーランス エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4選

転職活動はエージェントを使うべし

転職活動は、エージェントを利用するのが一番です。

その理由は・・・

  • 企業を一から探す手間が省ける
  • 企業側から連絡がくることもある
  • プログラミング 学習とセットもある

IT企業は山ほど、あります。

その中から優良な企業を自分で探すのは、難しいです。

そのため、エージェントを使うことで、コンサルタントが厳選した企業を紹介しています。

そのエージェントの中でも、『IT企業へ転職するのにおすすめのエージェント3選『超厳選』』では、エンジニアへの転職に特化したエージェントを解説しています。

まとめ

結論、Webエンジニアの将来は需要が高まるばかりです

その理由として、

  • 人材不足が深刻化
  • あらゆる生活面がWebベースになる
  • 一番儲かっている業界である

上記の理由から、今からWeb系エンジニアを目指す事は間違えないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました